医療法人 泰歯会 四条烏丸ペリオインプラントセンター/歯科医師 尾野 誠

医療法人 泰歯会 四条烏丸ペリオインプラントセンター副院長の尾野です。
お悩みに真摯にお答えしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

【経歴】
日本臨床歯周病学会 会員
JSCO 会員
日本歯内療法学会 会員
公益社団法人日本口腔インプラント学会会員
日本歯周病学会 会員
JIADSペリオコース 常任講師

住所 〒600-8007 京都府京都市四条高倉西入立売西町76 アソベビル3F
TEL 075-253-6487

回答したお悩み一覧

全回答数 2件/合計いいね 9件/最新の回答 2019.03.08

田口/2019.03.07

お悩み審美治療

歯が小さいのが悩みです

もともと歯が小さく、子どもの歯みたいと言われます。
歯が小さいので歯茎も目立って感じますし、なんとか被せものをするなどして見栄え良くすることはできないでしょうか。

四条烏丸ペリオインプラントセンター
歯科医師 尾野誠です。

歯が小さく歯茎が目立つとのお悩みですが、文面からするとおそらく歯茎が歯を覆い過ぎていることによるガミースマイルと言う状態かと推測できます。
その場合、歯茎の一部をカットする事により改善できる可能性があります。
歯冠長延長術、あるいはクラウンレングスニングと言うワードで一度検索してみてください。

2019.03.08

小櫻 伊織/2019.03.01

お悩みインプラント

インプラントを回避できるかもしれない歯の状態が知りたい

インプラントにしなくても、別の歯医者さんに行けば別の治療法がある場合ってあると思います。
でも、程度が分かりません。
私もそうでしたが、セカンドオピニオンを受けようか悩んでいる人も多いと思います。
可能であれば、大体でかまいませんので、インプラントを回避できるかもしれない歯の状態をお聞きしたいです。

京都市 四条烏丸ペリオインプラントセンター
尾野誠です。

インプラントを回避できるかどうか、つまり抜歯か保存かの基準は歯科医師によって異なる場合があります。その原因として、それを判断する歯科医師の専門分野の違いや、それぞれが持つ治療オプションの違いが挙げられます。 もし不安でしたら、抜歯と判断された理由を聞いて、その分野に強い医院にセカンドオピニオンを受けに行くといいと思います。
絶対的に抜歯と判断されるような状態を挙げるとすれば、
①舌で触れるだけでグラグラする揺れの大きい歯
(レントゲンで歯の周りに全く骨が無い状態)
②歯が完全に縦に割れて、痛みを伴っていたり、頻繁に腫れる

他にもケースによっては抜歯が必要なことがありますが、適切な診断とその説明を聞いて納得できるかが重要です。

2019.03.05