すずき矯正歯科/歯科医師 鈴木 智貴

<正しい機能は美しい形態に宿る>
自然と調和のとれたきれいな顔貌になるには
咬み合わせを正しく治療する事が必要です。長崎市にある当院では咬み合わせと
顔貌の調和を考えて診断しております。

住所 〒850-8108 長崎県長崎市川口町1番地1-106
TEL 095-843-7373

予約はコチラ

回答したお悩み一覧

全回答数 15件/合計いいね 91件/最新の回答 2018.11.30

ゆとり世代/2018.11.30

お悩み矯正歯科

八重歯の矯正か、抜歯か

八重歯の矯正を相談したところ、抜歯が必要になると言われました。
そこまで酷く飛び出ているわけではないので、抜歯をするくらいなら、矯正をあきらめた方が賢明でしょうか。

ゆとり世代様
八重歯ということは犬歯(前から3番目の歯)が外側に飛び出ているということですね?
抜歯は犬歯ではなく、その後ろの歯を抜歯するのですよね?
犬歯は咬み合わせにとって重要な歯です。八重歯ですと、犬歯が下の歯と咬みあっていないことになると思われます。犬歯は歯軋りしたりするときにガイドになることで他の歯を保護する重要な役目があります。ですから、犬歯が咬み合わせに参加していないと他の歯の寿命が短くなる可能性があります。

もし、どうしても抜歯を避けたいということでしたら、担当医に非抜歯治療が可能かどうか相談されてはいかがでしょうか?ただし、無理な非抜歯治療はかえって危険です。担当医に無理なく非抜歯治療が可能か否かよく相談されてみて下さい。

2018.11.30

うさコ/2018.09.05

お悩み矯正歯科

不正咬合の矯正に抜歯や手術は必要でしょうか?

不正咬合の矯正は、抜歯が必要でしょうか。
また、場合にもよるかと思いますが、抜歯の他に歯ぐきの切開など手術(?)も必要になるのでしょうか。

まず抜歯の必要性についてお答えします。
矯正治療において抜歯が避けられない症例は多く存在します。
歯が大きく顎が小さい場合に無理に抜歯をしないで並べると、全く咬まなくなったり、歯根(歯の根っ子)が歯肉から飛び出してしまうことがあります。
また、なんとか歯を並べることができても、前歯が前方に突出し、口が閉まらない状態になってしまう場合は、抜歯をして口元を後方にさげるような治療を選択するべきです。

手術についてですが、うさコ様が想像されているものとは違うと思いますが、手術が必要になる症例もあります。
例えば、極端な受け口のように、上顎の骨に対して下顎の骨がひどく前方にズレている場合は、下顎を手術で下げる治療が必要です。
外科的矯正治療という方法で、矯正治療と外科治療が一体になった治療法です。全て保険治療の対象になります。

2018.09.07

まぁや/2017.09.08

お悩み矯正歯科

大人の矯正期間

自分ではあまり気にしていなかったのですが、先日、異性の同僚に(冗談で言っただけだと思いますが)歯並びが良くないと指摘されてから、すごく気になるようになってしまいました。矯正治療は子供がするイメージがありますが、大人だと(すごく時間がかかるなど)やはり難しいでしょうか?

ご質問にお答えします。
矯正治療の期間ですが、症例によってかなりの違いがあります。
成長期の子供に比べると治療期間がある程度長くなりはしますが、極端にということではありません。
治療期間の差は年齢も関係ありますが、一番大きい要素は歯を移動する距離がどの程度かという問題です。
デコボコが大きく歯を実際に動かす距離が短い場合は大人でも1年程度で終了できることもありますし、逆に突出した口元を下げるために大きく歯を動かす必要のある症例では3年以上かかることもあります。
平均的な症例では大人でも2年~2年半程度で終了できることが多いです。
まぁや様の場合治療期間がどのくらいになるのか、実際に近所の矯正歯科に相談してみてはいかがでしょうか?ある程度の期間を提示してもらえると思います。

2017.09.13

聡子/2017.08.23

お悩み矯正歯科

リテ―ナ―を外したい

歯列矯正を20歳からはじめて、2年間かけて歯並びを治しました。その後、リテーナーと付けてからもうすぐ1年が経ちます。自分としては、歯並びがきれいになったので、一刻も早くリテーナーも外したいのですが、まだダメなのでしょうか? 
通常、どれくらい付けるものなのでしょうか?

リテーナーの使用期間は症例や個人差がありますので、はっきりとした期間はありません。しかし、私は最低でも6か月の24時間使用と、その後1年半の夜間使用を推奨しています。

矯正治療で整えた歯並びは元に戻ろうとする力が働きます。歯並びが綺麗に整った後も歯を支えている組織(歯間線維等)に歪が残っているためです。この歪が解消するまでは後戻りの大きな原因になります。歪が解消する期間は個人差がありますので、担当医と話し合って下さい。

2017.08.23

まお/2017.08.05

お悩み咬み合わせ

咬み合わせと手術

咬み合わせがひどくなると手術とかするんでしょうか。

咬み合わせがひどくなると手術が必要というより、咬み合わせが悪い原因が顎の骨のズレや歪みだった場合は手術を併用した矯正治療を行います。
外科的矯正治療というのですが、矯正治療、手術共に保険適応ですので安心して下さい。
ただし、この治療は外科的矯正治療を保険で治療できる資格のある矯正歯科医しか治療できません。資格のない歯科医院で治療する場合は全て自費になってしまいますので気をつけて下さい。
まずはお近くの矯正歯科で咬み合わせが悪い原因を調べてもらってはいかがですか?

2017.08.05

おぐら/2017.07.13

お悩み矯正歯科

矯正でも一回での治療時間はどれくらいですか?

矯正でも一回での治療時間はどれくらいですか?

石川先生のご意見通りです。通常は30分程度ですが、治療時間は処置によってかなりばらつきがあります。事前に次回の治療予定時間について担当医もしくは受付から説明があるはずです。

2017.07.19

おぐら/2017.07.19

お悩み咬み合わせ

親知らずにより咬み合わせがおかしくなってる気がします。抜歯すれば治りますか?

親知らずにより咬み合わせがおかしくなってる気がします。抜歯すれば治りますか?

親知らずによる咬み合わせの変化はどの部位でしょうか?もし下顎前歯部にデコボコが出来たということであれば、そもそも親知らずが原因ではない可能性があります。以前は成人後に下顎前歯部にできるデコボコは親知らずが原因という論文が多かったのですが、最近は親知らずは関係ないという論文が増えてきています。
咬み合わせの変化の原因は個人個人によって違います。直接拝見しないとはっきりとお答えできません。一度咬み合わせを専門とする歯科医に直接相談されてはいかがでしょうか?

2017.07.19

ゆいか/2017.06.20

お悩み咬み合わせ

かみ合わせの保険適用

かみ合わせ治療って保険ききますか?

ゆいか様のご質問にお答えします。
歯科矯正でかみ合わせを治療する際に保険が適応されるのは以下のどちらかの場合だけです。

①口蓋裂等の指定された先天奇形がある場合。
②上下の顎骨自体が前後左右に大きくずれていて、通常の矯正治療での治療が困難で外科手術と矯正歯科治療の併用が必要な場合。

通常②がほとんどです。ゆいか様が②に当てはまるか否かは矯正専門医に相談して確かめるしかありません。②に当てはまる場合は顎変型症という病名で保険治療(歯科矯正も外科手術も)になりますが、この治療を保険で治療してよいのは日本矯正歯科学会認定医などの資格を持つ矯正専門医に限られています。

顎変型症の保険治療を行っているクリニックかどうか、事前に確認してから相談に行かれることをお勧めします。

2017.06.19

こんにゃく/2017.06.11

お悩み矯正歯科

八重歯矯正

右側に八重歯があり、矯正治療をしようかと検討しているのですが、ちょうど歯が重なった位置に虫歯があるようです。このような場合、矯正治療の前に虫歯の治療をする必要があるでしょうか? もし虫歯治療をしたら、矯正治療に支障をきたすこととかはないでしょうか?

ご質問にお答えします。
重なった歯のところの虫歯は綺麗に治療しにくいため、矯正治療である程度並べてから虫歯の治療をするのが一般的です。ただし、進行性の虫歯で早く治療する必要がある場合は先に応急的に虫歯治療をする場合があります。その場合にも矯正治療後にきちんと虫歯の治療をやり直した方がいいでしょう。
虫歯の治療で矯正治療に支障をきたすことはあまり考えられませんが、セラミックなどの歯を入れると装置の脱落の原因になります。
まずは矯正歯科に相談に行き、虫歯治療の時期などもその時に同時に相談されることをお勧めします。

2017.06.08

ai/2017.05.29

お悩み矯正歯科

八重歯の矯正治療をしているところなのですが、歯の表面に付けた矯正装置が、唇の裏側とこすれて、すぐに口内炎になってしまい、悩んでいます。

八重歯の矯正治療をしているところなのですが、歯の表面に付けた矯正装置が、唇の裏側とこすれて、すぐに口内炎になってしまい、悩んでいます。予防するいい方法はないでしょうか?

治療初期によくあるトラブルですね。粘膜を保護する矯正歯科専用のワックスがあります。矯正装置に直接貼るタイプで簡単に使用できます。とても一般的なもので矯正専門医院であれば大抵おいてあると思いますので、担当医にご相談下さい。使用方法もきちんと教えてもらえると思いますよ。

2017.05.26

ゆいか/2017.04.25

お悩み矯正歯科

小さい頃から受け口で悩んでいます。

小さい頃から受け口で悩んでいます。治療法としては手術をするのが一番かと思っているのですが、矯正治療でも治せるかもしれないという話を聞きました。治療費や期間ではどれくらいの差があるのでしょうか?

手術を併用した治療法(外科的矯正治療)と矯正治療単独での治療法の比較のご質問ですね?まずは矯正治療単独での治療が可能な場合と、外科的矯正治療でないと治療できない場合があることをご理解下さい。
また、期間については抜歯が必要か否か、治療目標の設定などによって様々ですので、実際の状態を拝見しないとお答えすることができません。費用については、外科的矯正治療は矯正治療、外科手術ともに全て保険適応になりますし、高額医療制度も適応されるため、自費の矯正単独治療よりも安くなります。保険治療の場合年収などによって負担額が変わってきますが、一般的な収入の方であれば、40万~50万程度(全ての治療のトータル)になると思われます。

2017.04.25

ライダー/2017.04.21

お悩み矯正歯科

上顎前突の治療で表側矯正を始めた25歳男性です。

上顎前突の治療で表側矯正を始めた25歳男性です。もともと出っ歯の上にさらに矯正装置を付けているため、今まで以上に口を閉じにくくなっています。上唇も伸びているような感覚があり、外したときにちゃんともとに戻るかちょっと心配です。大丈夫でしょうか?

全く心配ないですよ。上顎前突の治療ということであれば、抜歯矯正をされていますよね?治療の経過とともに口元が徐々に後方に下がってきます。ブラケットを装着したことによる上唇の違和感も治療の経過とともに気にならなくなりますし、終了後にブラケットをはずした時には、さらに口元がすっきりして自然に口を閉じれるようになるはずです。治療を開始する前に担当の先生から前歯を後方に下げて口元を整える治療をするといった説明があったと思います。ご心配でしたらもう一度担当医に説明を求めてはいかがでしょうか?

2017.04.25

かなこ/2017.02.08

お悩み矯正歯科

海外で受けた治療の引き継ぎについて

3ヶ月ほど前に、海外で矯正治療を始めたのですが、事情により日本に帰ることになりました。もちろん、自分としては治療を続けたいと思っているのですが、普通に日本の医院で治療を引き継ぐことはできるのでしょうか?

もちろん可能です。その際、海外の担当医から初診時の資料と日本の担当医へのお手紙(引き継ぎにあたって治療内容の説明が書いてあります)を送ってもらえると日本での担当医もスムーズに引き継げます。矯正専門医どうしの引継ぎであれば間違いなく資料の引継ぎもできるので心配いりません。

2017.04.14

みなみ/2017.03.16

お悩み矯正歯科

矯正装置が壊れた

食事中に矯正装置の金属ワイヤーが取れてしまいました。このようなことはよくあるのでしょうか? 修理にお金はかかりますか?

ワイヤーが抜けてしまったということだと思います。治療の初期は治療による痛みを極力避けるために細くて柔らかいワイヤーを使用します。そのため食事中にワイヤーの上で固いものを噛んでしまうとワイヤーがたわんで抜けてしまうことがあります。担当の先生も想定されているトラブルですので、心配せずに担当医に連絡を取って下さい。抜けたワイヤーをそのままにしておくと頬っぺたの粘膜に傷がついて痛くなってしまうので、痛くなる前に対処してもらってください。通常このようなトラブルに料金はかかりません。ただし、保険適応の矯正治療の場合は保険の規則上再診料のみかかることがあります。

2017.04.14

ひろみ/2017.02.02

お悩み矯正歯科

マウスピース矯正の効果が感じられません。

上顎の歯並びが悪く矯正治療中です。矯正治療をしていることがあまり目立たないようにと、マウスピース矯正を選択したのですが、10ヶ月ほど経ってもあまり効果が出ているような気がせず不安です。今から、通常のワイヤー矯正に変更することも検討しているのですが、そういうことは可能なのでしょうか?

マウスピース矯正にはインビザラインやアソアライナー等ありますが、一般的なワイヤー矯正に比べて歴史が浅く、治療計画通りに進まないこともあります。当院ではマウスピース矯正で計画通りに治らない症例に関してはワイヤー矯正に変更するように全ての患者様に同意書を頂いております。全てのクリニックでこのような取り決めがされているわけではありませんが、矯正専門医であれば同様な契約になっていることも多いと思います。
まずは、現在治療が計画通りに進んでいるのか否か主治医に尋ねて下さい。計画通りに進んでいないようであれば、マウスピース矯正のまま治療計画を修正して治療を続けるか、ワイヤー矯正に変更するのか主治医と話し合うことをお勧めします。その際、追加で治療費がかかるのか否か確認するとよいでしょう。

2017.04.14