お悩み相談

こんにゃく/2018.06.20

お悩みインプラント

インプラントは手術してから噛めるようになるまでどのくらい期間がかかるものなのでしょうか?

下の左側の2本の歯がないのですが、入れ歯は目立つのでインプラントを検討しています。
インプラント手術した場合、噛めるようになるまではどのくらいかかるのでしょうか?
また腫れたりしますか?

下の歯のインプラントということですが、インプラントが骨について噛めるようになるまで(免荷期間といいます)は、患者さんの骨の状態によって、また使われるインプラントシステムによって違います。

Straumannインプラントは最短3週間で仮歯が入れられます。最初は少しかみ合わせを甘くして仮歯を入れ、本格的に骨が治るまで段階的にきちんと噛むようにしていきます。だいたい3か月くらいでかみ合わせが整ったら,本歯に置き換えます。

骨が十分ある場合はほとんど腫れず、患者さん曰く「歯を抜いた時より楽」だそうです。骨が足りなくて骨造成などの追加的処置が加わると腫れは大きくなりますが、この場合もあまりお痛みはないようです。通常術後すぐに痛み止めをお飲みいただき、寝る前にもう一度飲むと、翌朝は痛み止めをのまない方がほとんどです。

ホームページなどで治療内容をチェックし、納得がいかなければセカンドオピニオンをお受けになるといいでしょう。

小金井歯科/高田 尚美
2018.06.22

麻布十番歯科オーラルケアの峯野です。

当院では、精密デジタルインプラント治療を行っております。

インプラント治療流れにつきましては、まず、インプラント体埋入までに徹底したブラッシング指導の徹底(PCR10パーセント以下)を行います。
1ヶ月前に、当院にてcT撮影、口腔内サージカルテンプレート(デジタルコンピュータ支援インプラント埋入誘導装置)作製のための口腔内スキャンもしくは型取り、体温、心拍数、血圧、spo2検査、口腔内写真撮影を行います。さらに1週間前に、オペ前カウンセリング、サージカルテンプレートの試適、インプラント埋入手術説明を行い長期間歯の無い状態の場合は即時、抜歯後すぐの場合は2ヶ月、骨補填した場合は最長半年経ってからインプラント体の埋入を行います。3〜6か月、インプラント体と骨がしっかりくっつく(オッセオインテグレーション)まで待ち、症例によっては2次手術という歯茎の中からインプラントの上面を出す処置を致します。その場合は2週後に歯の作製に入ります。このような過程を経て、インプラント治療は行われます。この時、インプラントを使って初めて噛めるようになります。

ただし毎日のケアを怠ると、インプラントのまわりに汚れが付着し、歯周病に似たインプラント周囲炎を起こしてしまうことがあります。インプラントを長持ちさせるためにも、定期的に通院しメンテナンスすることが大切です。

麻布十番歯科オーラルケア/峯野 誠司
2018.06.21

インプラントの適応かどうかを精査しないと確実な事は申せませんが、下の骨へのインプラントですと、埋入手術後、通常約1ヶ月半で仮歯を入れる事が可能です。
条件が整えば埋入手術後直ぐに仮歯を入れる事も可能です。当医院では、仮歯でしっかりと噛める事を確認した後に本歯を入れます。
下の骨へのインプラント埋入手術ですとほとんど腫れる事も痛む事もありませんが、稀に少し腫れたり痛んだりされる患者様もいらっしゃいます。

ほりデンタルクリニックホワイトエッセンス/堀 洋一
2018.06.21