お悩み相談

おぐら/2018.04.09

お悩み予防処置

フロスは毎日やった方がいいのでしょうか?

歯医者さんにいったときできるだけフロスでお掃除するようにと言われたのですが、毎日やらなきゃいけないものですか?

麻布十番歯科オーラルケアの峯野です。
大きな歯ブラシだけに頼らず、歯間ブラシ、フロス、タフトブラシを使用して、ブラッシングを行わないと歯を残すことはできません。
ばい菌やグリコカリックスの多く残る歯間部や歯と歯茎の境い目は歯ブラシでは届かず、歯間ブラシやフロス、タフトブラシの使用が不可欠となります。これらのブラッシングで出血する場合は歯周病です。
歯を支える骨を痩せ細らせるのはばい菌と過剰な歯にかかる力だけです。
歯茎の下は骨の上から約2ミリと遺伝子上決まっていて、正しいブラッシングで2ミリまで引き締めることを目指すべきです。また出血や腫れを伴って た歯茎やばい菌とグリコカリックスの付着している歯に対しての治療は上手く行かないので、より良い治療を受けるためにも、歯間ブラシやフロス、タフトブラシを使用したブラッシングは非常に大切なのです。
当院では患者様にご自宅でも正しいケアをしていただくため、丁寧なブラッシング指導を行っています。この正しいケアの効果をより高めるため、当院が推奨するケア用品を販売しております。自宅と医院、両方のケアでいつまでも健康な歯を作っていきましょう。

麻布十番歯科オーラルケア/峯野 誠司
2018.09.07

名古屋市緑区のたけうち歯科クリニックの竹内です。
フロスはできるならした方がもちろんよいです。またフロスでなく歯間ブラシの方が扱いやす方もいるかと思います。歯の状態や歯並び等によって、どんな清掃方法がよいのかを歯科医院で指導してもらうことが一番よいと思います。
毎日絶対にしないといけない訳ではないですが、やった方がよりよいとは思います。
ただ使い方などわかっていないと、フロスやっても清掃が上手くいってないとフロスしている意味がないですよね。もちろん歯ブラシもそうですね。

たけうち歯科クリニック/竹内  伸一
2018.04.22