さかえ歯科医院/歯科医師 榮 健臣

私の開業は祖母が千葉県成田市に歯医者を開業したことが始まりです。
そして私の親も歯医者で、先代からの“教え”を大事に受け継いでおります。
患者さんの意見を尊重し、お一人おひとりにとって最良と思ってもらえる治療を提案すること。
そして患者さん自身が選択できるようにすること」これが受け継がれている“教え”です。

住所 〒144-0046 東京都大田区東六郷2-1-5
TEL 03-6424-5959

予約はコチラ

回答したお悩み一覧

全回答数 65件/合計いいね 334件/最新の回答 2022.08.09

喫煙者/2018.09.13

お悩み小児歯科

親の喫煙と子どもの歯

子どもが生まれたことをきっかけに、現在禁煙治療をしています。
最近、もっと早く始めた方がよかったのでは…と後悔しています。
妊娠期間も、必ず外で吸うようにはしていましたが、
それでも父親の喫煙が子どもの歯に悪影響を与えることはあるのでしょうか。
嫁さんには心配しすぎだと言われますが、もう心配でたまりません。

さかえ歯科医院 院長 榮です。

たばこの煙は、喫煙者が吸い込む煙(主流煙)より、たばこから立ち上がっている煙(副流煙)の方がはるかに多くの有害物質を含んでおります。たばこの煙は「たばこの三悪」と呼ばれるニコチン、タール、一酸化炭素以外にも200種類以上の有害物質を含んでいて、その中の40種類以上が発がん性物質です。

家族の喫煙の影響は当然子供にも及びます。両親のどちらかが喫煙者である子供(2歳半~3歳)の尿中のニコチンを測定した研究がありますが、非喫煙者の子供を1とすると、喫煙者の子供の尿中のニコチン量は、家族が屋外または窓のそばで吸ってる場合は2.4倍、台所の換気扇の下で吸っている場合は3.0倍、日常的に吸っている場合は15倍にもなります。

また、たばこの煙は、口の中にも様々な悪影響を及ぼします。その一つとして唾液の分泌が低下して口が乾きやすくなるため、むし歯のリスクが高まります。この増殖したむし歯菌がお子様に感染するリスクも高まります。

お子様が生まれたことで、家族みなさんで健康を意識する絶好の機会です。お子様のために禁煙治療頑張ってみてください。

2022.08.09

まろちん/2020.03.31

お悩みマタニティ診療

妊娠中で虫歯が痛いです。

チョコとかを食べると虫歯がしみるようになりました。
右下親知らずから2つ手前の臼歯です。
かなり初期の虫歯だったので治療を先送りにしていました。
妊娠3か月なんですが、もう少し待ってから治療するほうが安全でしょうか…

さかえ歯科医院 院長 榮です。

痛みのあるむし歯は、出産の支障になりかねません。妊娠安定期に治療を行うことをおススメいたします。

妊娠初期の歯科治療は、麻酔、服薬、エックス線写真撮影などの面で注意すべきことがあります。しかしながら、強い痛みが出てきてしまうと体調にも影響が出てきてしまいますので、歯科医院で相談の上応急処置を行い安定期になったら治療を進めるのか、リスクをご理解いただいたうえで治療を進めるのかご相談されるのがよろしいかと思います。

安定期であれば、ある程度の治療は安全に行えますが、治療期間についてはよく相談する必要がございます。

2022.08.09

ニャニャッチ/2020.03.03

お悩み小児歯科

0歳児の虫歯予防

0歳からできる虫歯予防の処置ってどんなものがありますか?フッ素などは何歳からしてもらえますか?

さかえ歯科医院 院長 榮です。

生まれてきた赤ちゃんがむし歯になるのは、おもにお口の中にむし歯菌が感染するからです。なかでも、歯が生えるとむし歯菌に感染しやすくなります。

したがいまして、0歳でも歯が生えてきた段階でむし歯予防を行う必要はありますが、フッ化物入りの歯磨き剤を使用する場合は、前もって歯科医師に相談をしていただいた方がと良いでしょう。

むし歯菌感染の原因になるのは家族、特にお母さんです。子育て中のお母さんはお口から、むし歯菌を減らさなければいけませんが、すでにむし歯や歯周病がある場合、これは急にできることではありません。ですので、お母さんになる前から自分の歯の状態を知り、むし歯や歯周病があれば治療をして、定期的にクリーニングを受けておくことが大切です。

これはお母さん以外の家族にもあてはまります。お母さんが定期的にメンテナンスを受けていると、お子さんのむし歯になるリスクはそうでない場合の半分になるといわれております。

かかりつけで歯科医院での定期的なチェックは習慣的に行うことが望ましいと考えられます。

2022.08.09

タイヨウ/2019.08.21

お悩み小児歯科

フッ素はやっておいた方がいいんでしょうか?

子どもはできるだけフッ素をした方がいいですか?
虫歯にはしたくないので行く予定ですが、最近の子はみんなやっているものでしょうか?

さかえ歯科医院の 院長 榮です。

フッ化物がむし歯の予防に大きな効果があることは、数々の科学的データから立証されております。

低濃度のフッ化物は、歯の耐酸性を高めるだけでだけでなく、むし歯菌が糖を酸に変えるのを阻害したり、その代謝機能に影響を与えている可能性がございます。

以上のことから、可能な限りフッ化物の使用をおススメいたします。

また、当院に来院されておりますお子さまのほとんどはフッ化物の塗布をされてお帰りになります。

かかりつけの歯科医院で定期的なフッ化物の使用とむし歯などのチェックをされるとよろしいかと思います。

2022.08.09

パンサー牛群/2022.05.31

お悩み小児歯科

親の歯並びは遺伝するか?

子どもの歯並びは親からの遺伝もありますか?
口腔内も遺伝しやすい部分なのか気になります。

さかえ歯科医院の榮です。

歯並びやかみ合わせが悪くなるのは4つの要因が考えられます。

1つ目は、乳歯をむし歯やケガなどで早期に失い永久歯が生えるスペースがなくなるためです。

2つ目は、歯と顎の大きさのバランスが悪く永久歯が並ぶスペースがないためです。

3つ目は、遺伝的な要因です。お父様やお母さまが出っ歯や受け口であれば、お子様もそうなる可能性が大きくなります。

4つ目は、おしゃぶり、指しゃぶりなどの癖、舌の突出癖や口呼吸、うつ伏せ寝など生活習慣によるものもございます。

これらのことから、まずむし歯予防、硬い食べ物をよくかんで食べることや良くない習癖を予防、改善することが大切です。

もし心配であれば、かかりつけ歯科医院で一度具合を診てもらうとよろしいかと思います。

2022.07.27

矢威騎/2022.03.14

お悩み虫歯

歯磨き後にプロテイン

歯磨きをした後にプロテインを飲み、そのまま寝るのは虫歯に繋がりますか?

さかえ歯科医院の榮です。

プロテインにも様々なタイプがございます。

糖質が含有されているものであれば、プロテイン摂取後に再度軽めに歯ブラシかマウスウォッシュが必要になるかと思います。

また糖質が含有されていないものであれば、マウスウォッシュをしていただく程度で問題がないかと思われます。

糖質が含有されているものでもタブレットタイプで水などで流し込んで摂取するタイプのものであれば、再度の歯ブラシは不要かと思われます。

いずれにしても歯ブラシをした後は糖質は取らない方が安心ではあるかと思われます。

2022.07.27

ヤスヒコ/2022.06.24

お悩み予防処置

夏に気をつけること

暑い日が続くと酸っぱいものを欲します。
しかし、酸っぱいものを摂り過ぎると歯が溶けると聞きました。。
夏は水分や冷たいものが欲しくなりますが、虫歯や歯周病にならないように
夏に気をつけることはありますでしょうか?

さかえ歯科医院の榮です。

酸っぱいものを過剰に摂取することで口の中が酸性に傾き歯質が弱くなることがわかっております。

その酸性の環境を中性付近まで戻す唾液の力を緩衝能といいます。

この緩衝能が高いとそれほど心配はいらないのですが、低い場合は長い時間歯が酸性にさらされていることになります。
心配な場合は、最後に口をゆすぐなりして口腔内の酸性の時間を短くすることが大切かと思われます。
緩衝能は唾液検査で調べることができますので、対応可能な歯科医院で一度調べてみてもいいかもしれません。

また、暑いと飲料を頻繁に口にすることが多いかと思いますが、糖分入りの飲料を熱中症対策でちょこちょこ摂取すると口腔内が酸性に傾きやすく、むし歯の原因にもなります。

夏場の水分の摂り方として、糖分入りの飲料はできるだけ決めた時間にだらだら飲まずに飲み、その後は歯ブラシを行ってください。
熱中症対策でこまめに水分補給を行うのであれば、その場合は糖分が入っていないものを補給すると良いでしょう。

糖分入りのこまめな水分補給も時々であれば問題はありませんが、毎日のこととなりますとむし歯のリスクを上げてしまう生活習慣となりますので、お気を付けください。

2022.07.27

非公開/2022.07.12

お悩み虫歯

取れた銀歯は持っていた方がいいですか?

過去に虫歯治療をした銀歯が取れました。
再度、銀歯を入れ治したいのですが、
取れた銀歯は持っておいたほうががいいのでしょうか??
再利用ってできるのでしょうか??

さかえ歯科医院の院長 榮です。

銀歯が取れる場合にはいくつかの原因があります。

銀歯そのものの劣化により脱離してしまった場合。この場合は経年劣化で銀歯の噛む面に穴が開きそこから接着剤が劣化して脱離しております。緊急性はありませんが、作り替えた方がよろしいかと思います。

次に接着剤が劣化して脱離した場合。この場合、戻したときに安定さえしていれば再度装着することができます。

最後はむし歯や歯の破折など歯自体にトラブルご起こった場合。この場合はほとんどやり直しとなることが多いです。

どのケースにせよ元に戻せる場合もございますので、自己判断せず念のため歯科医院に取れたものはご持参いただけるとよろしいかと思います。

2022.07.27

まりあんヌ/2022.07.14

お悩み歯周病

抜歯したところに出来物ができて臭う

親知らずを抜いた所の下の歯茎に口内炎のようものがたまに出来る。
できものを潰すと嫌な臭いがするのですが、そうじゃない時も嫌な臭いがします。
こういうのも歯周病になるのでしょうか?

さかえ歯科医院 院長の榮です。

お話をお伺いするに、考えられる点は3つほどございます。

1つ目は、親知らずの破片が残ってしまい、それが感染症を引き起こし膿がでている場合です。こちらは、時間が経過すると自然と破片が出てくることもございますが、相応の時間がかかります。レントゲン写真で破片の確認を行うと分かる場合がございます。もし破片が残っていた場合は、再度麻酔をして取り除いてもらってください。

2つ目は、親知らずの前にある歯が感染を起こしている場合です。こちらも、レントゲンや歯周病の検査を行い原因を特定することができます。

3つ目は、もともと親知らずにあった膿の袋が残存してしまった場合です。

どちらにせよかかりつけ歯科医院でもう一度確認をしていただくとよろしいかと思います。

2022.07.27

ルンバ/2017.06.05

お悩み予防処置

食後から30分くらいしたら歯を磨いた方がいいと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

食後から30分くらいしたら歯を磨いた方がいいと聞いたことがあるのですが、本当ですか?

さかえ歯科医院の院長 榮です。

この話しは「食後にすぐに歯を磨くと、食事中に弱くなったエナメル質表層を傷付けるため、唾液による再石灰化で表層の脱灰が修復される時間を置いた方が良い」というところから来ております。

これは本来、酸蝕症に適用されていた考え方だったのですが、「基本的に食後30分以内のブラッシングは避けた方が良い」と虫歯予防の分野にまで考え方が広がってしまいました。

虫歯予防の歯ブラシの目的は酸を産生する細菌のエサとなる発酵性糖質を取り除いて、酸を出させないようにすることが目的です。

したがいまして、30分空けずに食後すぐに歯ブラシをしていただいた方が虫歯予防には正しいブラッシングであると考えられております。

2022.04.10

TMR-/2022.03.04

お悩み予防処置

歯磨きにかける時間

一般的な歯ブラシで歯磨きをする際は、何分くらい磨いたら汚れは取れているでしょうか?
時短で済ませたいときの参考にしたいです!

さかえ歯科医院の院長 榮と申します。

歯ブラシでの歯磨き時間は歯並びや歯ブラシの形態、磨き方等で変わってくるかと思います。

個人によって歯磨きの完了までの時間はある程度の差があるかと思われます。

例えば、全ての歯が完全で残っている場合に1分程度の歯磨き時間であれば短過ぎだと判断します。

様々な見解はあるかと思いますが、丁寧に磨いていくとどうしても5分以上はかかるかと思われます。

また、フロスや歯間ブラシその他マウスウォッシュ等が必要な場合も出てきますので、まずはかかりつけの歯科医院で歯ブラシの指導を受けていただけると質問者様に合った歯ブラシや磨き方を教えてもらうことがてきると思います。

その際に時短で磨くにはどのような点に気をつければ良いか聞いてみてください。

意外にもブラッシングの方法は何種類もあり、それにどれにも属さないいわゆるオリジナルの方法で行っている方が多く見られます。

そのような方に正しいブラッシング指導を受けていただけることで、正確かつ無駄のないブラッシングができると思いますので、是非かかりつけ歯科医院にご相談ください。

2022.04.10

ルンバ/2017.06.20

お悩み小児歯科

子どもの歯磨きは何分くらい行うのが効果的なのでしょうか?

子どもの歯磨きは何分くらい行うのが効果的なのでしょうか?

目安があると歯磨きもやりやすくて良いですよね。

しかしここで大切なのは、歯磨きは「どれくらい長く磨いた」ではなく「どれくらい適切にキレイに磨けた」が重要となります。

時間にとらわれてしまうと磨き残しだったり磨き過ぎになったりもしますので、各々でキレイに磨くにはどう磨くと良いのかを理解し、その結果としてどれくらいの時間がかかったのかを目安として日々のブラッシングを行うことがよろしいかと思います。

そして、この適切な時間というのは歯並びや磨き方、歯ブラシの種類など様々な要素が重なり合ってわかることですので、一番はかかりつけ歯科医院でブラッシング指導を受けていただくことで、その方に適した磨き方やブラッシング時間がわかるかと思います。

2022.04.02

hitomi/2021.11.24

お悩み咬み合わせ

ナイトガードの洗浄について

ナイトガードは水洗いだけでいいと言われたのですが、水だけじゃ汚れが残ってないか気になっていたので先日マウスピース用の洗浄剤を購入してみました。
ふつうのシリコン素材(?)なのでたぶん大丈夫と思うのですが、洗浄剤を使う場合はナイトガードを作ってくれた歯医者さんに相談してからの方がいいでしょうか?

ナイトガードはかかりつけの先生もおっしゃるように水洗いだけでも差し支えございませんが、わずかなにおいや細かい汚れが気になる方もいらっしゃいます。その場合はマウスピース専用の洗浄剤をオススメします。
マウスピース専用の洗浄剤であれば、特段かかりつけの先生の相談は不要かと思いますが、かかりつけの先生のおススメの洗浄剤等もあるかもしれませんので、複数の洗浄剤で迷われている場合は一度かかりつけの先生にご相談いただいた方が良いかもしれません。

2021.12.14

中ムー/2020.06.24

お悩み虫歯

インレーとクラウンの違いはなんですか?

虫歯治療のインレーとクラウンは、それぞれどんな症状の治療になりますか?
写真を見ましたが、表面だけだとインレーで、悪化して虫歯の範囲が広く深くなるとクラウンってことですか?

インレーもクラウンも虫歯などでできる欠損の大きさで変わります。

虫歯の範囲が比較的大きくない場合はインレーで修復を行いますし、虫歯の範囲が大きいい場合はクラウンになることが多いです。

ただ治療する予定の歯の状況や口腔内の環境次第では、大きくない虫歯でもクラウンにしなければいけない場合もございます。その場合は担当医とよくご相談のうえ、治療を受けていただくことがよろしいかと思われます。

2020.12.19

焼きソバ飯/2020.12.14

お悩み予防処置

寒い日にだけ歯が痛くなるのは歯医者さんにいくべきですか?

寒い日に歯が痛くなるのって、気温とかのせいでしょうか。
そのままにしていても問題ないでしょうか。

歯が痛くなる場合はいくつか考えられることがあります。

まず1つ目は虫歯です。
虫歯は初期のうちはほとんど自覚症状はありませんが、進行していくと冷たいものや甘いもの、さらに進行していくと熱いものでしみたり痛みが出たりします。この場合は、小さなものであれば樹脂の詰め物をします。ある程度大きなものは型を採って詰め物を作るか、被せ物を作ります。

2つ目は知覚過敏です。
歯の神経は季節や時期に応じて過敏になることがあります。この場合は知覚過敏用の塗り薬を塗布するか、それほど強い症状でなければ経過観察となります。

3つ目はくさび状欠損です。
歯ブラシの横磨きや、くいしばり、過度のかみ合わせが原因で、歯肉に近い歯の一部がくさびのように欠けてしまった状態をいいます。欠損部位が大きい場合は虫歯の治療と同じく樹脂の材料で詰め物を行います。小さい場合は知覚過敏用の塗り薬で対応できる場合もありあす。

いずれにしても自己判断で放置してしますと、治療期間が長引いてしまうこともございますので、かかりつけ歯科医に確認をしてもらうとよろしいかと思われます。

2020.12.19

かりんとう/2019.06.04

お悩み小児歯科

こどもの歯並びが心配です…

2歳のこどもですが、口さみしいようで、哺乳瓶やおしゃぶりがないと次は指を吸い出します。
時間を決めて哺乳瓶で水を飲ませていますが、哺乳瓶も使いすぎるとおしゃぶりのように歯並びに影響を与えるでしょうか。
注意して見て、気づけばやめさせますが、私も夫も歯並びはあまり良くないので、どうしてもこどもの歯が心配です。

 おしゃぶりを使う習慣があるお子さんは、前歯が出っ歯気味になる可能性があります。また、生後24か月を超えておしゃぶりや哺乳瓶を使っているお子さんは、明らかに出っ歯になる確率が上がります。
 
 このことから、離乳後生後24か月より前におしゃぶりは止めさせることが理想的ではあります。

 しかし、それらを止めたからと言って指しゃぶりが始まってしまっては、かみ合わせや歯並びに影響を及ぼすばかりか発音や嚥下、口元の突出、あごの発育への影響なども出てきてしまいます。

 すでに行っているかもしれませんが、指しゃぶりをさせないために生活のリズムを整え、外遊びをさせ、家の中でも指を使って遊ぶ機会を増やすようにすることで少しずつ指しゃぶりが消えていくかと思います。

 大切なのは指しゃぶりは無理なく止めさせることが大切であると思います。

 

2019.06.05

あんぱん/2019.04.16

お悩み小児歯科

おしゃぶりを吸わせるのをやめさせた方がいい?

兄嫁がこどもに安めのおしゃぶりを買って吸わせているのですが、歯並びに良くないと聞いたことがあるので、やめさせた方がいいのか迷っています。

  離乳後のおしゃぶりは発育にとって好ましい習慣ではありません。
 
 例えばお子さまにしゃべる意欲があっても、おしゃぶりが邪魔をしてしゃべることができません。

 また、24か月を超えておしゃぶりを使ったお子さまは、明らかに出っ歯になる確率が増えるという報告もあります。

 したがいまして、おしゃぶりは発語や言葉を覚える1歳半過ぎになったら常時使用しないようにし、遅くとも2歳半までに使用を中止することが歯並びにとっては望ましいと考えております。

2019.05.13

ssy/2019.03.21

お悩み予防処置

歯を磨く回数。

例えば、一本の歯を磨く時、歯ブラシを何往復くらいを心がけて磨けば良いでしょうか?

丁寧な磨き方であれば1本の歯につき10回振動させるというのがお勧めです。

しかし、歯の磨く所は奥歯であれば頬側、舌側、噛む側の3面、前歯であれば唇側、裏側の2面に分けられます。これを10回ずつ振動させるように磨く場合10分程度はかかります。

ここで大切なのは磨く力です。強く磨くと歯を傷つけてしまいます。軽過ぎると磨けません。大体100〜150gの力で磨くようにと言われますが、実際に磨く場合はどの程度の力なのか分からない場合もあるかと思います。

これに加え歯と歯の間のケアも行うとなりますと、15分程度は要するかと思います。

慣れてきて歯ブラシが上手になれば10分もかけずにキレイに磨き上げることもできます。

時間がないという方は正しく音波ブラシを使っていただくことで、時間短縮になります。

その場合は当て方を間違えますと、効果を最大限に発揮できなくなりますので、ブラッシング圧を含め不明な点はかかりつけの歯科医院か近くの歯科医院でご相談いただければよろしいかと思います。

2019.05.06

和泉/2019.03.20

お悩みマタニティ診療

安定期中の歯科治療は問題ないかどうか

食べづわりの期間が長く、虫歯ができたようです。
5ヶ月めにさしかかり、ようやく落ち着いたので今のうちにと治療を考えているのですが、歯医者さん的には問題ないでしょうか。

妊娠中の歯科治療に関しましては、一般的にリスクはあるが比較的安全に治療できるのが妊娠中期とお考えいただければよろしいかと思います。

妊娠中である以上、必ず安全ということではございません。質問者様の体調等全て加味した上で、歯科治療を行うかの判断をさせていただければと思います。

タイミングとして中期に該当する期間であれば、治療に対応できる歯科医療機関はあるかと思いますので、体調と相談してこの機会をぜひ有効にご活用ください。

2019.05.06

妊娠中の歯科治療に関しましては、一般的にリスクはあるが比較的安全に治療できるのが妊娠中期とお考えいただければよろしいかと思います。

妊娠中である以上、必ず安全ということではございません。質問者様の体調等全て加味した上で、歯科治療を行うかの判断をさせていただければと思います。

タイミングとして中期に該当する期間であれば、治療に対応できる歯科医療機関はあるかと思いますので、体調と相談してこの機会をぜひ有効にご活用ください。

2019.05.06

まえしょー/2019.04.17

お悩み根管治療

歯内療法って根管治療以外にもありますか?

歯医者さんで歯内療法の提案があり、勝手に根管治療のことだと思っていましたが
もしかすると他の治療も含めて“歯内療法”という名称なのでしょうか。

質問者様がお考えの通り、根管治療は歯内療法に含まれます。

私が真っ先に歯内療法と言われて浮かぶのも根管治療です。

しかし、歯内療法は歯の根に関する治療を指しますので、その担当の先生がお考えになる歯内療法と質問者様がお考えになる歯内療法に齟齬が無いことを確認してから治療をお受けになる事がよろしいかと思います。

2019.05.06

馬子/2019.04.15

お悩みマタニティ診療

妊娠中は不可能な治療が知りたいです。

妊娠中(子供がお腹から出るまで)不可能な治療はありますか?
レントゲンや麻酔は大丈夫のようですが
インプラントの手術などはどうなんでしょうか?

妊娠中に不可能となる治療は、お母様の身体の状況により大きく異なります。

もともと何らかの持病をお持ちの方ですと、不可能となる治療も出てくるかと思います。

妊娠中の治療で基本的な考え方は、治療を行うリスクよりも治療を行う利益の方が大きいと判断された場合に限り治療を行うこととなります。

レントゲン撮影はデジタルレントゲン撮影と防護服を使用することで被曝量を極めて最小限に抑えることができ、安全に撮影することが可能です。

麻酔薬の使用もいくつかある麻酔薬の中から安全なものを選択しお母様の健康状態に問題が無く、妊娠中期に限れば比較的安全に治療ができるものとされています。

しかし、妊娠中のインプラント治療に関しましては利益よりリスクの方が上回ると判断し、妊娠中は避けるべきだと考えます。

いずれにせよ妊娠中でもそうでなくても治療には一定のリスクが伴います。状況に応じてそのリスクが少ない時に必要な行うという事が肝要だと思います。

歯科治療において治療の可否を最終的に判断するのは歯科医師ですので、妊娠中の治療内容については、かかりつけもしくは近くの歯科医院で個別に相談されるとよろしいかと思います。

妊娠中で移動が困難な場合もあるかと思います。その際は電話やメールでの対応が可能な歯科医院なら問い合わせるのも良いでしょう。

2019.05.06

城谷/2019.04.24

お悩み入れ歯・差し歯

残った歯を抜いて総入れ歯にしたい

伯父が歯並びの関係もあり残っている歯を抜いて総入れ歯にしようとしています。
抜歯後、入れ歯が完成するまで、期間はどれくらいの時間がかかるんでしょうか?
抜歯から完成まではどのようにして過ごせばいいですか。

まず、仮に総入れ歯になったとして必要な期間は3〜4週はかかります。これは、患者さんがクリニックからお帰りになった後に、型取りした模型をもとに技工という作業を行い、段階を追って入れ歯を最終的な形にして行くからです。

次に、抜歯から完成までの間は仮のものとして現在使用中の入れ歯に修理等を行い、その場で歯を足すことができますので、抜いた所が歯抜けの状態になることはありませんので、ご安心ください。

最後に、入れ歯をお作りするにあたり歯が一本残っているのか、総入れ歯なのかで使い心地にかなり差があります。まずは、食事が美味しくできることが大切なことです。したがいまして、一度歯科医院で、本当に抜かなければいけない歯なのかを診査してしてもらってから新たな入れ歯を作るかご相談いただけるとよろしいかと思います。

2019.05.06

ひろぴ/2018.09.11

お悩み予防処置

歯の治療に影響を与える病気につきまして

骨粗鬆症の人が歯医者さんで治療を受けるとあごの骨がだめになることがあるとネットでみました。
骨粗鬆症のほかに、歯を治療する際気をつけないといけない病気はありますか?
どんな病気もいつ何時かかるかわからない身近なものなので、心配です。

現在、骨粗鬆症と歯科治療に関する問題は様々な場面で議論されております。しかし、問題の解決につながる結論はまだ出ておりません。ですので、骨粗鬆症の方は必ず歯科医師に治療前に申告して頂く必要がございます。

また、歯科治療の際に他にどのような疾患があると気を付けなければいけないのかという点ですが、基本的にはどんな些細な疾患と思われることでも過去に経験したことがある病歴、または現在かかっている疾患は全て歯科医師に伝えて頂いた方がよろしいかと思います。

歯科治療を行う場合やお薬を処方する場合にとても大切な情報となり得るからです。

2018.11.12

ななぽちょ/2018.11.02

お悩み訪問診療

訪問診療と往診の違いは?

訪問診療と往診ってなにか違いがあるんでしょうか?

訪問診療と往診では同じ在宅医療ではありますが、言葉の意味合いが変わってきます。

往診は患者さんの急変や突発的なトラブルが生じた場合に、患者さんやご家族が医療機関に要望し患者さん宅に不定期にお伺いするものです。

一方、訪問診療は通院が困難な患者さんに対し、治療計画を立案し定期的に患者さん宅にお伺いし処置等を行うこととされております。

どちらも医療従事者がご自宅にお伺いをするというのは同じですが、在宅医療のシステムの違いとご理解いただけるとよろしいかと思います。

2018.11.11

モア/2018.10.24

お悩み入れ歯・差し歯

部分入れ歯なんですが、最近歯ぐきが腫れたような感じがします

部分入れ歯辺りの歯ぐきが痛くて、心なしか腫れてるような感じがします。
歯医者さんに診ていただいた方がいいでしょうか。

部分入れ歯を使用されている方で歯ぐきが痛むのには2つのことが考えられます。

1つは入れ歯そのものが合わなくなってきており、歯ぐきを傷つけてしまっている場合です。この場合は、歯科医院で入れ歯の調整をしてもらえれば解決できます。

2つ目は入れ歯のバネがかかっている歯と歯ぐきにトラブルがある場合です。この場合はレントゲンなどで精査を行い、その病態に適した処置が必要となります。

かかりつけ歯科医院で歯ぐきが腫れている原因を調べて治療をしてもらうようにしてください。

2018.11.11

マユ/2017.06.27

お悩みマタニティ診療

妊娠中はインプラント治療は控えたほうがいいそうですが、なぜでしょうか?

妊娠中はインプラント治療は控えたほうがいいそうですが、なぜでしょうか?

インプラント治療を行う場合、パノラマX線写真やCT等を使用して診査診断を行うほか、実際にインプラントを埋め込む治療の際には、局所麻酔を使います。場合によってはお薬を服薬していただく場面もあります。

またインプラントを埋め込んだ後も、口の中のケアを欠かすことはできません。

以上のことから、インプラント治療を行って得られる利益より、お腹の中のお子さんに与えるリスクの方がはるかに大きい可能性があるため、妊娠中のインプラント治療はできるだけ避けた方がよろしいかと思います。

2018.10.10

七瀬100%/2018.09.27

お悩み小児歯科

食べ物を噛むのが苦手なようです

9ヶ月の子どもに柔らかめのうどんを作るのですが、うまく噛めず、そのまま飲み込んでいるようです。
お腹にもよくないだろうし、噛む力がつかないんじゃないかと心配です。
そのうち噛めるようになるよ、と言われますが、このようなことが原因で歯や顎が弱く育ってしまうことってあるでしょうか。

9ヶ月頃の場合では、一見丸飲みしているように見えても舌と上顎を上手に使ってすり潰して食べています。

そして、前歯が生えるにしたがって前歯でかじり取る食べ方を覚えていきます。

以上のことから、この頃の食事の形態としましては舌や歯ぐきで押しつぶせるくらいの固さ(豆腐やバナナ程度の固さ)であれば胃への負担はそれ程心配はいらないかと思われます。

また、奥歯が生えそろうのは2歳6ヶ月〜3歳6ヶ月くらいです。現段階では、噛む力をつけるより栄養バランスが整った食事を意識していただいて、歯が生え揃った頃にいま一度丸飲みをしていないか、噛む力の発達を促すなどお考えいただいても遅くないかと思われます。

いずれにせよ、お子さんごとで生活習慣、成長や発達状況、口の中の状態、家族環境などで個人差がございます。このことから、かかりつけの歯科医院で経過を追って見てもらうのが、一番安心できると思いますので、一度歯科医に見てもらい相談されてみてはいかがでしょうか。きっと、お子さんに合った良いアドバイスをしていただけると思いますよ。

2018.10.10

良い子マン/2018.08.28

お悩み小児歯科

6歳息子の指吸い

6歳になる息子が、寝るとき必ず指を吸っています。
何度もやめさせようとしましたが、中々治りません。
そろそろ生え替わりもはじまるし……
歯並びや勝舌に影響が出ないか心配です。
一度小児歯科でみてもらった方がいいでしょうか。

指しゃぶりは5歳くらいには消失してくると言われています。 基本的に6歳以降で指しゃぶりがある場合は注意が必要です。歯並びに影響を及ぼす以外にも発音などにも影響が出てくる場合があります。

考え方としては「やめるように注意をする」というより「本人にやめようという気持ちをもたせる」ことが大切かと思われます。この考え方をお母様だけでなく、ご家族で共有していくことも必要です。

また、指しゃぶりに関する基本的な知識を伝えることも効果があるかもしれません。

他には、友達と思い切り遊んで満足して帰ってきた後に、家族と食事をしてより満足感を得られれば、その夜はすぐに寝てくれるかもしれません。それでも指しゃぶりがある場合は、手つないで寝てあげることも有効かもしれません。指しゃぶりをしなかった日はたくさん褒めてあげてください。

6歳ともなればお子さんも指しゃぶりをやめたい気持ちがあるかもしれません。それをご家族で見守り乗り越えていくことがお子さんにとっても思い出深いものになるかもしれません。

かかりつけ歯科医院での適切なアドバイスを仰ぐことも大切かと思います。

それ以上にいろいろな場面でお子さんと触れ合いを深めることで、指しゃぶりをやめる一つの要因になり得るのではないかと考えております。

2018.10.07

ami☆/2017.06.04

お悩み予防処置

虫歯予防にフッ素がいいと聞きますが、歯みがき粉以外にフッ素を使用する方法はありますか?

虫歯予防にフッ素がいいと聞きますが、歯みがき粉以外にフッ素を使用する方法はありますか?また、その方法が一番効果が高いのでしょうか?

フッ化物の使用はいくつかの使用方法があります。
歯磨き粉以外では、歯科医院で行うフッ素塗布や家庭用に製品化された洗口剤やスプレーで歯に噴霧する物などが市販されているものがあります。
口の中の環境や年齢によってフッ化物をどのように使用するのがその方にとって良いものなのか個人差がありますので、一度かかりつけの歯科医院で相談されてみるとよろしいかと思います。

2018.10.06

YUNICO-N/2018.09.25

お悩み予防処置

フッ素って体に悪いんですか?

虫歯予防には「フッ素」、みたいな感じで思いこんでいましたが
フッ素が体に良くない、みたいな話も聞きます。
実際はどうなんですか?

多くの欧米諸国で長くフッ化物の応用がされており、以前はフッ化物の使用について賛否両論が出ておりました。ネットなどでは様々な情報が錯綜しておりますが、元々はお茶や海藻などの食品や飲料水中にも含まれている微量元素です。

フッ素をはじめとした薬剤などは使用者の適量を越えれば害にもなり得るものですが、適量であれば虫歯予防に有効であることが様々な所から報告されております。そのため、幼稚園、保育園、小学校でも集団のフッ化物の応用も行われているところもあります。

従いまして、適正な使用方法であれば、フッ素は比較的安全に虫歯予防ができるものであると考えられます。

しかし、適正でない使用方法により急性中毒を起こしたり、お子さんの体質によっては稀にアレルギー症状が出ることがあることも念頭に置いていただくことも必要かと思います。

2018.10.06

macoto/2018.10.04

お悩みマタニティ診療

妊娠中の口内炎についてです

大きな口内炎ができていたいです。
歯医者さんに行くべきか、市販の薬で済ますべきか迷っています。
お腹に子どもに負担が少ない方を選びたいのですが。

 大きな口内炎があるままというのは大変つらいかと思います。妊娠中の口内炎はブラッシングがうまくできていなかったり、ホルモンバランスの変化、悪阻などから来る栄養バランスの崩れや全身状態の不良など様々なことが原因で起こります。

 また、以上のことから治癒が遅れてしまうことが多いようです。
 対処法としましては口内炎用の軟膏やパッチの使用、ビタミンB群の摂取やレーザー治療などがあげられます。

 口内炎があるがゆえに常にストレスを感じていることはお腹の赤ちゃんにも良いことではありませんので、かかりつけの歯科医院にご相談されてみてはいかがでしょうか。

 さらに、口内炎だと思っていたものが他の疾患である場合もあります。ですので、口内炎だからと言って放置をせず、気になったら歯科医院にかかられることをおススメいたします。

2018.10.06

 大きな口内炎があるままというのは大変つらいかと思います。妊娠中の口内炎はブラッシングがうまくできていなかったり、ホルモンバランスの変化、栄養バランスの崩れや全身状態の不良など様々なことが原因で起こります。
 また、以上のことから治癒が遅れてしまうことが多いようです。
 対処法としましては口内炎用の軟膏やパッチの使用、ビタミンB群の摂取やレーザー治療などがあげられます。
 口内炎があるがゆえに常にストレスを感じていることはお腹の赤ちゃんにも良いことではありませんので、かかりつけの歯科医院にご相談されてみてはいかがでしょうか。
 さらに、口内炎だと思っていたものが他の疾患である場合もあります。ですので、口内炎だからと言って放置をせず、気になったら歯科医院にかかられることをおススメいたします。

2018.10.06

サトル/2017.11.24

お悩みホワイトニング

最近、よく「歯のマニキュア」の広告を目にしますが

歯のマニキュアで本当に歯は白くなるんですか?爪に塗るように表面的に色をつけているようにしか思えませんが…。効果は持続するものなのですか?

 いくつか種類があるようですが、その日だけ白くしたい場合などは良いのかもしれませんが、爪に塗るマニキュアと同じように永続的なものではないようです。

2018.02.02

はな/2017.07.20

お悩みマタニティ診療

妊娠中に歯周病にかかると早産になる可能性が高まると聞きましたが本当ですか?

妊娠中に歯周病にかかると早産になる可能性が高まると聞きましたが本当ですか?

 歯周病の細菌は女性ホルモンを栄養源にして増殖します。歯周病原菌により炎症性物質が産生されます。この炎症性物質は口の中のみならず血管をめぐって全身を回り、子宮平滑筋の収縮や子宮頸部を拡張させることによって、早産や低体重児出産を引き起こすのではないかと考えられています。従いまして、妊娠中の歯周病治療は積極的に行うようにしてください。

2018.02.02

かなこ/2017.10.19

お悩み小児歯科

こどもの歯ブラシの選び方

子ども用の歯ブラシはどういうものがいいですか?

 子ども用の歯ブラシは乳児用、幼児用、仕上げ用など目的によって多くの種類があります。歯並びの状態や歯ぐきの状態、持ちやすさや使い勝手の良さなどお子さまに合った歯ブラシを選ぶ必要があります。一般的には小さめの歯ブラシが選ばれる傾向にありますが、お子さまの口腔環境に適した歯ブラシでないと効果が得られないため、かかりつけの歯科医院でご相談されるとよろしいかと思います。きっと良いアドバイスをしてくれると思いますよ。

2018.02.02

はな/2017.09.22

お悩みマタニティ診療

妊娠中の薬服用

妊娠中に薬を服用しても大丈夫ですか?

 まずは何を目的としたお薬を飲むのかによりますが、一般的な考え方としては妊娠中に限らず薬は飲まないで済むのであればそれにこしたことはありません。薬を飲まなければお母さまや赤ちゃんに悪影響を及ぼす可能性があれば、薬を飲んで治療をしなければなりません。
 
薬にはそれぞれ副作用も存在します。その副作用よりも、薬を飲むことの方がお母さまや赤ちゃんにとって利益がある場合にお薬を処方します。
 
 薬を処方する先生はたくさんある薬の中で妊娠中でも安全な薬を必要最小限で効率良く使用していくことを考えて処方しています。従いまして、かかりつけの先生が妊娠中であることを理解したうえで処方してくれたのであれば、それほど心配はいらないのかも知れません。

 ただし、処方をしてもらう場合はアレルギーや過去に出たことのある副作用などかかりつけの先生に必ず伝えるようにしてください。

2018.02.01

サトル/2017.11.24

お悩み予防処置

マウスウォッシュについての質問です

マウスウォッシュが歯磨き後でないと効果がないと言われているのはなぜでしょうか?そもそもマウスウォッシュでは完全な予防が行えないということでしょうか?

歯に付着した歯垢(細菌の塊)はうがいのみで除去することはできません。食器の汚れが流水だけでは完全に落とせないのと同じように、まずは歯ブラシ等で歯垢を取り除いてから、補助的にマウスウォッシュを使用することをおススメします。歯垢の除去は歯ブラシ等の機械的なケアを主体とお考えいただけるとよろしいかと思われます。

2018.01.26

サトル/2017.11.26

お悩み虫歯

虫歯は菌が原因だと聞きましたが

生まれたばかりの子どもの口には虫歯菌がいないという話を聞きましたが、その場合はケアをしなくても虫歯にならないということですか?同じようにケアしても虫歯になる人もいれば、そうでない人もいますが、それはやはり菌が関係していますか?

質問者様のご指摘通り虫歯になりやすい方となりにくい方とで個人差があるのは確かです。例えば、兄は虫歯が多いのに弟は虫歯が無いというように兄弟間でも差が出てしまうこともあります。これは虫歯になる因子が細菌の存在だけではないからです。
例えば、虫歯菌の数、唾液の量や性状、歯の質や形態、歯並び、口腔ケアの回数や方法、フッ素使用の有無、食生活習慣など多くの因子が関連し合っています。これらのバランスが崩れてくると虫歯が発生してしまうのです。
また、虫歯菌の感染は親子、兄弟と生活を共にしている限り、完全に防ぐことはとても難しいです。お子さんの口の中からは早くて生後3ヶ月くらいから虫歯菌が見つかる場合もあります。そもそも、虫歯菌に感染しているかどうか都度調べるのにも限界があります。
ですので、歯が生えてきたら歯ブラシ等を行うことが、まず1番の虫歯予防になるかと思います。

2017.12.27

ami☆/2017.10.10

お悩み予防処置

シ―ラントってなんですか?

シ―ラントってなんですか?

シーラントとは主に奥歯(臼歯)の咬む面の溝に流し入れる材料のことを言います。
奥歯(臼歯)には多くの細かい溝が存在します。その溝の奥深くにまで食べカスや虫歯菌が残るうえに、清掃器具が入らないために磨き残しが出てしまい、虫歯が発生してしまうことがあります。これが起こらないようにするために、深い溝にあらかじめ材料を流し入れて固めることで、虫歯菌が歯の深い溝に入り込むのを防ぐ方法です。
また、シーラントにはフッ化物が含有されており、硬化後も徐々にフッ素イオンが遊離する性質があるため、高い虫歯予防効果があるとされています。
現在では、この処置は保険適用されていますので適用範囲内であれば、かかりつけの保険歯科医療機関で受けることができます。
ご興味があれば、かかりつけの歯科医院で相談されてみると良いかと思います。

2017.12.27

ami☆/2017.09.26

お悩み虫歯

虫歯になりやすい人とそうじゃない人の違い

歯を磨かなくても虫歯にならない人もいれば、しっかり磨いているのに虫歯になる人がいるのはなぜですか?

確かに質問者様のご指摘通り、しっかり磨いてるという方でも虫歯になる方もいれば、そうでない方もいるかもしれません。これは個人によって差があり、様々な因子が重なりあっているからです。口腔ケアの回数や方法、歯の性質や形態、食生活習慣、歯並び、唾液の量や性質、細菌の数など多くの因子が関係しています。それぞれのバランスが保たれていれば虫歯になることはありませんが、そのバランス崩れてしまえば虫歯が発生してしまいます。
頑張って歯を磨いているけれど、虫歯になってしまう場合は他の口腔ケア方法を追加して行ったり、歯ブラシの仕方の癖により磨き残しがあったりする場合が考えられます。その際はかかりつけの歯科医院でそれらのチェックを行ってもらい、なぜ虫歯になってしまったのか調べてもらい的確なアドバイスをしてもらうと良いでしょう。
また、歯を磨かなくても虫歯にならない方がいらっしゃるとしたら、先程述べたいくつかの因子のバランスが保たれているのかと思われますが、磨かなければいつかは虫歯や歯周病になってしまいます。本人が虫歯に気づいていない、歯科に受診されていないなどの可能性もあります。
いずれにせよ、口腔ケアをしなくて良いということはありませんので、食後や甘いものを召し上がった後は、よく歯ブラシをする習慣をつけて頂くことで長い期間ご自身の歯で美味しいものが食べられるますので、口腔ケアを頑張ってみてください。

2017.12.27

もえもえ/2017.12.20

お悩み予防処置

昼食は取らないのですが、それでも歯磨きをした方がいいですか?

昼食は取らないのですが、それでも歯磨きをした方がいいですか?

 昼食は摂らないとのことですが、その間水分は摂取しますでしょうか?例えば、スポーツ飲料や砂糖入りのコーヒーなど糖分を摂取すると、口の中の菌が繁殖し虫歯の原因になります。
 また、昼食以外でもその間にお菓子やキャンディーなどを食べていればこれも虫歯の原因になります。仮に、全く糖分を摂取していなかったとしても、朝食後の歯磨きによる磨き残しがあればそこから菌が繁殖し虫歯や歯周病に罹患する可能性もあります。
さらに、口腔ケアは風邪やインフルエンザ予防に一定の効果があることも報告されています。
 歯科医院で定期検診を受け、ブラッシングのチェックをしてもらい、その際に担当医もしくは担当衛生士に相談されてみてはいかがでしょうか。きっと、質問者様の生活スタイルに合った口腔ケアの方法を教えてくれると思います。

2017.12.25

カレン/2017.07.03

お悩み口腔外科

普通の歯医者よりも口腔外科医の方が腕がいいのですか?

普通の歯医者よりも口腔外科医の方が腕がいいのですか?

診療科目によって腕の良し悪しは評価することは難しいと思います。
腕の良し悪しは診療科目ではなく、その治療を受けた患者さんが感じることですので、診療科目と腕の良し悪しの関連性は無いと考えております。
やはりよく説明をしてくれて親身になって治療してくれる先生が1番かと思います。

2017.07.14

あべちゃん/2017.06.03

お悩み虫歯

先日、近所の歯科医院で虫歯を治療してもらったのですが、治療後数日たった今も、治療前にまして痛みが強くなった気がしています。

先日、近所の歯科医院で虫歯を治療してもらったのですが、治療後数日たった今も、治療前にまして痛みが強くなった気がしています。このようなことはよくあるのでしょうか? また、どんな状態になっていることが考えられるでしょうか?

治療後の痛みで心配されているのですね。 痛みが治らないのはさぞかし不安であると思います。
虫歯治療後の痛みは神経のある歯の虫歯がどれだけ大きかったかによるかと思います。虫歯が大きければその分、歯の神経に近い所まで削る場合がありますので、痛みやしみる感覚を感じることが多くなります。
一過性の痛みであれば数日もすれば緩和してくると思いますが、大きい虫歯を削っているということであれば神経の近くまで削ったことによる神経の炎症が起こっている可能性があります。
しかし、痛みを感じられている歯の痛みの原因が必ずしも虫歯を削ったことによる痛みとは限りません。もしかすると他の原因で痛みが出ている可能性もありますので、その虫歯を治して貰った先生の所で相談されると原因や今後の方針についてお話しして頂けるかと思います。
1日でも早く歯の悩みが解決することをお祈りいたします。

2017.06.01

メグ/2017.03.16

お悩み虫歯

熱いものがしみます

左下の奥歯が虫歯になっています。ちょっと前までは、冷たいものがしみていたのですが、最近になって、むしろ熱いものがしみるようになってきました。どういう状態になっているのでしょうか?

早めに歯医者で診てもらうことをお勧めします。虫歯は進行するにしたがって、冷たいものがしみる(冷水痛)→熱いものがしみる(温熱痛)→何もしなくても痛い(自発痛)と症状が変化して行きます。現在は熱いものがしみているとのことですので、虫歯がある程度進行しているのではないかと思われます。自発痛になると歯の神経を抜かないといけなくなってしまいます。歯の神経を抜くようになる前にできるだけ早めに歯科を受診し、治療をしてもらうことを再度お勧めいたします。

2017.03.18

さとちゃん/2017.02.28

お悩み根管治療

根管治療後について

根管治療をした歯が再度、虫歯や膿がたまるようになればもう抜歯しかないのですか?

根管治療を行った後で、再度根の病気になった場合、再治療が可能な状況であれば治療をやり直します。
ただし、これ以上、治療を行っても改善が見込めないか治療が不可能と判断された場合は抜歯の選択肢が出てくることもあるかもしれません。
一度根の治療が終了して、根の病気が再発しても必ずしも抜歯とは限りません。この判断に関しては、その根の状況などが関係してきますので、一度かかりつけの先生に診てもらった方がよろしいかと思われます。

2017.02.28

ゆか/2017.02.15

お悩み審美治療

保証について

詰め物被せ物の保証がつく医院を見たことがありますが、保証が付いていない医院はなぜつかないのでしょうか?

例えば自費診療の場合ですと、保証を設けている歯科医院も多々あるかと思います。但し、これは歯科医院それぞれのシステムの問題ですので、保証を設けていない所もあれば、 保証を最初から設定されている所もあります。
保証に関してホームページなどで記載されていなくても、直接院長先生に会って聞いてみると保証の期間が設けてあったりする場合もあるかと思います。
自費診療の場合は決して安い買い物ではありませんので、保証の事も含めて担当の先生と直接話し合い納得された歯科医院で治療を受けられることが肝要かと思われます。

2017.02.17

ai/2017.02.15

お悩み審美治療

被せ物で歯並びがきれいになりますか?

矯正をしなくても、被せ物次第で歯並びをきれいにすることができると聞いたのですが、本当にそんなことは可能なのでしょうか?詳しく教えてください。

被せ物で歯並びを治すことはできません。
被せ物で歯並びをキレイに見せることは少ない範囲であれば可能です。
歯並びを治そうとなれば1番良いのは矯正かと思われます。
歯は何かの力が加わらなければ動きません。力を加えて歯を動かす治療が矯正治療です。被せ物は歯に被せているだけなので被せる角度などを変えれば、少しは周りと調和させることができますが、力を加えているわけではないため被せ物の被せただけで歯が動いて歯並びを改善させることは難しいと思います。

2017.02.17

みなみ/2017.02.08

お悩み小児歯科

シーラントをすると虫歯になりにくいのでしょうか?

シーラントをすると虫歯になりにくいのでしょうか?歯科医院で勧められて本当に虫歯になりにくいのならしてみようと検討しています。

子供の歯には深い溝が多くあります。その溝に汚れが溜まり、虫歯になることがあります。シーラントはあらかじめその溝を埋めてしまうことで、溝からの虫歯を防ぐことができるため虫歯予防には一定の効果があるかと思います。但し、シーラントをしても歯ブラシを怠れば虫歯にはなりますので、仕上げ磨き。含めたホームケアをお勧めします。
また、なによりも定期検診も大切ですので、シーラントをされた後も歯科医院でのケアも定期的に受けるようにしてください。

2017.02.08

あきちゃん/2017.01.31

お悩み審美治療

奥歯が欠けてしまいました。

3年程前に銀歯を剥がして治療を行った奥歯なのですが、硬いものを噛んだ際に1/6ぐらい欠けてしまいました。
原因がよくわかってないのですが、以前から行っている歯科へ行くべきか、思い切って違うところに行くべきか悩んでいます。

写真で見る限りでは歯の一部が欠けているように見えます。欠けた原因は実際に拝見して診査してみないとなんとも申し上げられませんが、前に通院していた歯科医院で特段問題が無いと感じられているのであれば、通院していた歯科医院に相談しに行かれてもよろしいかと思います。
何れにせよ、このままの状態は良い状況ではありませんので、早急に歯科医院にかかることをお勧めします。

2017.02.03

yuka/2017.01.06

お悩み根管治療

左上の奥歯を根管治療している最中にもかかわらず、不注意で、ビスケットを噛んでしまいました。

左上の奥歯を根管治療している最中にもかかわらず、不注意で、ビスケットを噛んでしまいました。噛んだ瞬間、電撃のような痛みが走り、冷や汗が出ました。根管治療中の歯はビスケットくらいでも破損してしまうことはあるでしょうか?心配なので、アドバイスいただけると助かります。

もしかすると、歯にヒビが入ったり割れたりした可能性はあります。根っこの治療しているのであれば、基本的には神経は無いはずですが、電撃の様な痛みというと、神経を触るような痛みに近い気がするので、もしかすると神経が一部残っている部分で歯が割れてしまった可能性もあります。歯自体が完全にバッサリと割れていると可能性もゼロではないので、この場合はレントゲン写真等を撮って、詳しく確認してもらったほうがいいと思います。ひとつ言えることは、分かっているとは思いますが、その歯では噛まない方がいいということですね。

2017.01.06

メグ/2017.01.06

お悩み根管治療

根管治療を行っていたのですが、途中で治療をやめてしまい、半年ぶりくらいに再開することにしました。

根管治療を行っていたのですが、途中で治療をやめてしまい、半年ぶりくらいに再開することにしました。ですが、再開した次の日くらいから、急に歯と顎の骨が痛むようになりました。治療を始めたのに痛くなるというのはどういう状態でしょうか?治療が失敗したのでしょうか?

痛くなってしまったのであれば、都度先生に相談して診てもらった方がいいと思います。ただ、再開して根の先の袋を刺激することで、また痛みが出ることもありますので、まずは検査ですね。

2017.01.06

さとちゃん/2016.11.17

お悩み根管治療

歯の根の治療をしている最中ですが、仮で詰め物をしてもらっていたところにフィステルができてしまったみたいです。

歯の根の治療をしている最中ですが、仮で詰め物をしてもらっていたところにフィステルができてしまったみたいです。諸事情でしばらく歯医者に行けないのですが、しばらくこのままでも大丈夫でしょうか?神経はすでに除去しているため痛みはありませんが、心配です。

フィステルは膿の袋から出てくる“おでき”みたいなものですが、もし痛みがないのであれば、そのまま様子を見るしかないですね。ただし、時間が作れるようになったら、必ず早く歯科医院に行きましょう。そのうえで治療をしてもらうことが一番大事だと思います。

2016.11.17

メッチ/2016.11.17

お悩み根管治療

前歯が虫歯になり、根の治療をすることになりました。

前歯が虫歯になり、根の治療をすることになりました。ただ、神経を全部取ると聞いて、すごく不安に感じています。麻酔はすると思いますが、まったく痛くないでしょうか?

麻酔時の痛みもあるので、全く痛くないということはないと思います。ただ、麻酔さえ効いてしまえば神経を取るときの痛みはありません。ズキズキと歯が痛くなければ神経を残せることもあるので、セカンドオピニオンという形で他の先生に聞いてみるのもいいかもしれませんね。

2016.11.17

まぁや/2016.11.09

お悩み根管治療

先日、根管治療で左下の6番目の歯の神経を抜きました。

先日、根管治療で左下の6番目の歯の神経を抜きました。治療までは痛みがかなりひどかったのですが、治療後は痛みは引いていました。……が、数週間たってから同じ所がまた痛み出すようになりました。とくに冷たいものを飲むと強く痛みます。主治医に相談しても、「神経を抜いたから違う歯なのでは?」と言われて困っています。どう考えてもその歯が痛みます。どんな可能性が考えられますか?

6番目の歯は根が三本、もしくは四本あります。そのため、場合によっては神経が一本だけ残っている可能性があるかもしれません。なので、心配なのであれば、別の先生にでも相談してもいいかもしれないですね。

2016.11.09

ももか/2016.11.08

お悩み根管治療

右上の一番奥の歯が虫歯で現在治療中です。

右上の一番奥の歯が虫歯で現在治療中です。主治医から、虫歯が進行しているので、神経を取って土台を付け被せ物を装着すると説明をうけ、根管治療が始まりました。しかし、実際には土台を作る段階になってから、歯がもろいとのことで土台が作れないと言われ、樹脂のような詰め物をして治療が終わりました。……が、その詰め物も1ヶ月と経たないうちに外れてしまい、また通院することになっています。ずっとこのような状態だと思うと不安です。大丈夫でしょうか?

歯の欠け、割れか、ヒビなどの可能性があるので、もう少し精密に診てもらったほうがいいかもしれません。マイクロスコープなど精密な診査ができるところに行くのが一番ですね。

2016.11.08

ゆいか/2016.11.04

お悩み根管治療

歯の根の治療中なのですが、神経を取ったあとにつけた仮歯が欠けてしまいました。

歯の根の治療中なのですが、神経を取ったあとにつけた仮歯が欠けてしまいました。予約は3日後なのですが、急患でも歯医者さんに行ったほうがよいでしょうか?

取れたのではなく、欠けただけであれば問題はないと思いますが、もし取れてしまったのであれば歯科医院に行ったほうがいいと思います。たとえば、仮歯が欠けて薬の味がするなどがなければ、ひとまずはそのままでも大丈夫だと思います。

2016.11.04

もえもえ/2016.10.28

お悩み根管治療

根管治療中です。先日、根をきれいにしてもらい、薬剤を詰め、仮の詰め物をしてもらいました。

根管治療中です。先日、根をきれいにしてもらい、薬剤を詰め、仮の詰め物をしてもらいました。しかし、この数日の間、ずっと口の中に苦味のようなものを感じており、詰めた薬剤が漏れているのではないかと不安です。主治医に相談してみたほうがよいでしょうか?

もしかすると、漏れているかもしれません。仮の詰め物から薬剤が出ている可能性があります。もし漏れているかどうか不安であれば、一回診てもらって、付け直してもらうといいと思います。

2016.10.28

マユ/2016.10.27

お悩み根管治療

3週間ほど前から根管治療を行っています。

3週間ほど前から根管治療を行っています。神経をとってから中を洗浄してもらい、仮歯を詰めてもらいましたが、その部分を押すと痛むことがあります。処置の直後は痛みが和らぐことがありますが、次の治療でまた歯の中をぐりぐりとされて激しい痛みに襲われる、という繰り返しになっています。この治療はどれくらい続くのでしょうか?

根の治療の完了は、まず痛みがなくなるというのが大前提になるので、痛みがあるうちは治療しなければいけないと思います。もし痛みがあるなら、その都度、先生に伝えたほうがいいでしょう。治療に関しても、麻酔などで痛みをコントロールすることはできますから、それも含めて相談してみるといいと思います。

2016.10.27

ai/2016.10.26

お悩み根管治療

数年前に根管治療を行い、被せ物をしたところから、最近出血しているようです。

数年前に根管治療を行い、被せ物をしたところから、最近出血しているようです。具体的には、その歯の部分を吸うようにすると出血するようです。これはどのような状態なのでしょうか?不安です。

もしかすると、数年前の根管治療後に、根の先に膿ができている可能性もあると思います。もしかしたら歯周病が原因の可能性もあるので、歯科医院で検査してもらったほうがいいでしょう。

2016.10.26

メグ/2016.10.26

お悩み根管治療

根管治療中に途中でやめてしまいました。

根管治療を行っている最中に、経済的な理由で治療を途中でやめてしまい、1年近く放置してしまいました。付けてもらった仮歯も取れ、たまに出血したり痛みが出たりしています。痛むときは、市販の痛み止め薬を飲んで対処しており、出血もすぐに止まるのでさほど気にはしていないのですが、やはり治療を再開したほうがよいでしょうか?

再開したほうがいいと思います。痛み止めは応急処置としてはいいですが、ずっと飲み続けるのはよくないですし、放置しているのもよくないと思います。仮歯が取れていることなので、そのままにしていると噛み合わせにも悪影響があります。最悪の場合、抜歯になってしまう可能性もありますから、早めに見てもらうことを強くすすめます。

2016.10.26

美優/2016.10.24

お悩みいびき・睡眠時無呼吸症候群

無呼吸症候群について

無呼吸症候群でそのまま死に至るケースはあるのでしょうか。不安でしょうがないです。

どうでしょう。大袈裟に、間接的なことまで含めればあるのかもしれませんが……。無呼吸症候群自体が直接的な原因で死んでしまうということはあまりないと思います。いずれにしても、もし心配なのであれば、すぐに受診されたほうがいいと思います。

2016.10.24

しおりん/2016.10.20

お悩みいびき・睡眠時無呼吸症候群

いびきの治療はどういうことをするの?

いびきの診療について、歯科、耳鼻科があると思いますが、歯科の方はどのような治療になるのでしょうか

まず耳鼻咽喉科で診断書を作ってもらったら、上下の型取りをして、マウスピースをセットします。それで数週間なり数ヶ月に一回こちらの方でチェックをして、状態を見て、改善しているのであればそれを使って貰うし、改善がないようであれば、もう一回耳鼻咽喉科で改めて見てもらった方がいいですね。

2016.10.20

メッチ/2016.10.19

お悩みいびき・睡眠時無呼吸症候群

最近妻に「いびきがうるさくて一緒に寝られない」と言われてしまいました。

最近妻に「いびきがうるさくて一緒に寝られない」と言われてしまいました。歯医者で作ってもらうマウスピースがいびきにも効くと聞きましたが本当でしょうか?

マウスピースで治る場合もあるし、治らない場合もあります。いずれにしても、まず耳鼻咽喉科で診断して貰って、その診断書を元にマウスピースを作ります。もしマウスピースが合わないとか、きかない場合、あるいは改善されない場合は、また今度耳鼻咽喉科の先生に見てもらって改善してもらうという流れになると思います。多くの場合は、まずマウスピース、それで改善されない場合は、睡眠時無呼吸症候群を改善するための機械などを使って治療していくことになると思います。

2016.10.18

香織/2016.10.18

お悩みいびき・睡眠時無呼吸症候群

いびきは顎関節症や矯正と関係ありますか?

いびきは顎関節症や矯正と関係ありますか?

顎関節症はあまり関係ないと思いますが、骨格には何らかの問題があると思います。その場合、矯正に関係してきます。これに関しては分析等しなければいけませんので、近くの歯科医院に見てもらったほうがいいと思います。

2016.10.18