専門家が見据える“歯科の新時代”~第7回DNA講演会「噛む、も味わう、も歯科」レポート~(1/2)

2017.09.20 medicalHa・no・ne編集部

《講演内容》

第7回DNA講演会

2017年8月6日(日) パシフィコ横浜 会議センター1階メインホール
第7回DNA講演会「噛む、も味わう、も歯科」

・世界が注目するUmamiを活用した味覚障害・ドライマウス治療~歯科医療のブレークスルー~
東北大学大学院歯学研究科教授 笹野高嗣先生

・人生100年時代における健康づくり~うま味という観点から~
予防医学研究者/医学博士 石川善樹先生

・歯科的視点(歯点)こそが糖尿病栄養指導を変える~栄養素指導を捕食・咀嚼指導へ~
医学博士/にしだわたる糖尿病内科 院長 西田亙先生

・開業歯科医師からみた 噛めて美味しく食べることができる歯科医療の重要性
日本歯周病学会専門医・評議員 長谷川 嘉昭先生

・ポジティブになれる匂いと味わいの心理学
メンタリスト DaiGoさん

最先端の味覚障害治療には「だし」が使われている?

笹野高嗣先生

最初の登壇者は東北大学の教授でありながら、日本口腔診断学会理事長も務める笹野高嗣先生。
味覚障害やドライマウスの治療についてのお話でした。味覚障害の患者数は1990年代から増加傾向にあり、その原因の1つには唾液分泌量の低下(ドライマウス)が挙げられています。笹野先生は「うま味」を用いたドライマウス治療を臨床に応用した第一人者であり、そのユニークな治療法はBBCニュースやNature誌でも報じられるなど世界中から注目を集めています。

笹野先生が応用したのは脳が味覚を感じると唾液が分泌させる仕組みです。唾液は苦味や塩味、酸味よりも「うま味」を感じた時に多く分泌さることがわかっています。うま味の正体はグルタミン酸(昆布)やイノシン酸(鰹)、グアニル酸(シイタケ)などの物質。笹野先生はなんと味覚障害の患者に昆布だしでうがいをさせました。最初は味を感じ取ることができなかった患者も、うがいを約2週間続けたころから口の中の潤いや味覚の感覚が戻りはじめ、その後3~6ヶ月続けることでうま味がわかるようになり、食欲が出たそうです。

味覚障害を発症すると食欲が落ちるため、痩せて栄養不足になるなど全身にも影響を及ぼします。笹野先生は全身の健康のためには正常な味覚を維持することが大切であると力説。食べ物の味は舌の味雷(みらい)で受容され延髄(えんずい)を経由して脳に伝わりますが、脳には口腔内の感覚も伝わるため、虫歯や口内炎があると味覚が変わってしまうそうです。食べ物本来の味を楽しむためには、まずは虫歯やドライマウスの治療が重要になります。

平均109歳の平成生まれが心得るべき“健康寿命”の概念

石川善樹先生

2人目の登壇者で予防医学研究者の石川善樹先生は、人や組織と良好な関係を保つことで元気に生きられる期間(健康寿命)を延ばすことが大切であることを話していました。定年退職から寿命を迎えるまでの期間が延びている現代の日本においては、目からウロコな情報ですね。

中でも興味深かったのは、老後に残る歯の本数は所属する組織の数によって決まるというもの。実際に4つの組織に属している人は、何の組織にも属していない人と比べて1.5倍も歯が多く残っているという調査もあるようです。石川先生は老後20本以上の歯が残るかどうかの31.6%は社会的要因で決まるとしており、社会とつながりを持つことがいかに重要かを熱弁されていました。

元気に長生きをするためには食事や運動、飲酒や喫煙の量などに気をつけるだけでなく、社会とつながりを持つことが大切なんですね。平成生まれの人が定年を迎えるころには平均寿命が109歳に達するという予測もあるので、趣味のサークルや地域活動には積極的に参加することで“健康寿命”も延ばしていきたいところですね。

次ページまだまだ続く次世代の歯科医療の話

関連記事

あわせて読みたい

レコメンド