予防のプロ・歯科衛生士が実践!本質的な歯磨きの仕方~ちぃ先生の手記第15回~(1/2)

2018.12.09 healthちぃ先生

ケアが不十分になりがちな自己流の歯磨き

「みなさんは歯を磨いていますか?」という質問をされた場合、おそらくほとんどの方がYESと答えるでしょう。しかし、「今の歯磨きの仕方で虫歯や歯周病の予防は完璧ですか?」と問われた際にYESと答えられる人がどれくらいいるでしょうか。理屈上では汚れをキチンと除去し、菌が繁殖しない清潔な口腔内環境を保てていれば、虫歯や歯周病にはならないはずです。そうではない場合、無意識に自己流の歯磨きになっていないかチェックしてみましょう。

たとえば、洗面台で鏡を見ながらではなく、テレビやスマホを見ながら何となく歯磨きをしていませんか?もしくは歯磨き時間をたった30秒くらいで終わらせてはいませんか?または歯ブラシがすぐにダメになるほど、力一杯ゴシゴシ磨いていませんか?そして、子どものころに教わった磨き方を大人になっても実践し続けてはいませんか?

上記の質問に対して1つでも当てはまる方は自己流の歯磨きになっている危険性が高いと言えます。口腔内の汚れをキレイに落とす正しいブラッシングとは、単に長時間歯磨きをすることではありません。自分の歯の磨き方を過信せずに、今一度正しいブラッシング方法を見直してみましょう。

歯と歯ぐきの境目をもっとも丁寧に!

ブラッシングに関しては一生懸命に歯の表面の中心部分を磨いている方が多く見受けられますが、実は歯の中心の広い面は唾液や舌で舐めることで汚れが拭えるので、丹念に磨かなくても大丈夫だと言えます!本当に磨いてほしいのは、歯周病菌が侵入しやすい歯周ポケット。ここは歯と歯ぐきの境目なのですが、歯は丸みを帯びて生えているため、歯ブラシが当たりにくく磨き残しが多く発生してしまう箇所なのです。

歯と歯ぐきの間を効率的に磨くためには、歯ブラシを歯ぐきの方向に斜め45度に傾け、そっと当てがってから細かく小刻みに動かす『バス法』がおすすめですよ。力一杯ゴシゴシ磨いてしまうと歯肉が傷つき抉れてしまったり、歯が削れて知覚過敏になってしまったりするので、羽でなでるように優しく磨いてください。歯周ポケットを磨きやすい毛先の細いものや、タフトブラシという毛束が1つで小回りの効くブラシを使用するのもおすすめです。

そして時間に余裕があればデンタルフロス(糸ようじ)で歯間も掃除しましょう。デンタルフロスを使用した後に匂いを嗅いでみてください。もしドブのような悪臭がする場合は、歯周病原菌が口の中に存在することを意味するので、よく掻き出してくださいね!

次ページ正しい歯磨きの仕方は歯科衛生士さんに聞こう!

関連記事

あわせて読みたい

レコメンド