ライオンが口臭ケアサポートアプリを開発! “指摘しにくい”相手の口臭への不満をヒントに(1/3)

2018.12.07 interviewHa・no・ne編集部

「口臭ケアサポートアプリ」を開発するに至った経緯

口臭ケアサポートアプリの開発は、ライオンとインサイトテックが協働することにより、約1年半前に始まったプロジェクトから生まれました。今回は、開発の中心人物であるお三方に話を伺いました。

不満買取センター

写真左から
ライオン株式会社 研究開発本部 イノベーションラボ 所長 宇野 大介さん
株式会社Insight Tech 代表取締役社長 伊藤 友博さん
株式会社Insight Tech 営業部 マネジャー 斎藤 雅史さん

インサイトテックは、自社で運営する「不満買取センター」に届いた生活者の不満を、最新のAIを使って分析し、そのデータを企業や官公庁と共有することで、さまざまな問題解決に貢献している企業です。口臭ケアサポートアプリの開発は、不満買取センターに寄せられた「口臭関連の不満2,000件」を解析することから始まりました。

斎藤
不満買取センターには、生活者の生の声がたくさん集まってきます。今回は「口臭」というキーワード以外にも、口臭にまつわる類義語を検索するAIを使い、精度の高いデータを集めて生活者のニーズをあぶりだしました。

伊藤
口臭に関して「嫌だな、不快だな」と思うことがあっても、だいたい時間が経つと忘れてしまうじゃないですか?企業主体のアンケートで「口臭で困ったことはありますか?」と聞くより、不満買取センターに寄せられた口臭に関する具体的なエピソードを解析したほうが、生活者の本音を吸い上げやすいんです。

ニーズ

安倍
なるほど。そこで「自分の口臭が心配だからチェックしたい」という意見が多く集まったということでしょうか?

宇野
いや、それがそうでもないんです。私も、インサイトテックさんの調査結果を見るまでは、「口臭を相手に気づかれたくない」「口臭をケアしたい」といったニーズが中心になると予想していました。でもフタを開けてみたら「自分の口臭に不満を感じること」 よりも、「対話の相手に、自身の口臭を自覚してほしい」というニーズが多かったんです。

伊藤
具体的には、職場や店舗での買い物や宅配業者との玄関先でのやり取りなど日常のなにげない風景で感じる、相手の口臭についての不満の声です。例えば、「職場で上司の口臭が気になることもあるが、直接言いにくいのでそれを相手に自覚させる方法がなくて困っている……」とか。

安倍
確かに、仕事で毎日顔を合わす人に直接「口が臭いですよ」なんていったら、気まずくなりそうですもんね。

口臭の悩みで気になるのは意外にも「人間関係」

人間関係

新サービスでは「ケア」へのニーズから離れ、「チェック」のフェーズにアプローチすることを考えたという宇野さん。しかし、生活者が自ら口臭チェック用品を購入するのには恥ずかしさがあり、専用デバイスが必要となれば、実際に手に取るハードルも上がるでしょう。そこで、スマートフォンで口臭リスクをチェックできるアプリの開発に着手したそうです。

斎藤
口臭はお悩みのカテゴリーでいうと健康とか薬品に当てはまりそうじゃないですか?でも、実際に寄せられた悩みは「人間関係」のカテゴリーに割り振られるものが多かった。それは新しい発見でしたし、不満買取センターでなければ集められない声だと思いました。

宇野
人間関係の悩みというのは、オーラルケア商品の開発では通常着目しない観点です。インサイトテックさんの解析データが、口臭ケアサポートアプリを開発する決め手になりました。

安倍
スマホで簡単に口臭リスクがチェックできたらすごく便利そうですね!でも、アプリの開発って結構時間がかかるんじゃないですか?

宇野
アプリを作るときに一番手間がかかるのは、今回で言えば「舌がどんな状態だとどのくらいの口臭が発生するか」という正確なデータです。アプリとして実用化するためには、まず正確なデータを得るための調査をしなければなりませんが、ライオンではすでに口臭に関するデータを高い精度で蓄積していたため、スムーズに次の開発工程に進むことができました。

安倍
アプリの開発がスムーズに進んだのは、ライオンさんが長年の研究で蓄積したデータと、インサイトテックさんが新たに分析した生活者のニーズが、うまく噛み合ったからなんですね!

次ページ気になるアプリの仕組みと実際の使い方について!

関連記事

あわせて読みたい

レコメンド