“口腔外科専門医”が語る口腔がんの実情 恐ろしい末路と今からできる対策とは(1/3)

2019.04.02 interviewHa・no・ne編集部

2週間以上治らなければ受診を。ステージ1なら5年生存率も95%

藤川孝先生

Ha・no・ne編集部 リン(以下リン)
堀ちえみさんの告白によって大きな注目を集めるようになった口腔がんですが、最初は「ただの口内炎かな」と気にも留めないケースもあるそうです。口内炎と口腔がんの見分け方はありますか?

医療法人社団 惺慧会 ふじかわ歯科クリニック 院長 藤川考先生(以下藤川先生)
初期の段階だとほとんど区別がつかないと思います。ある程度の大きさになれば見ただけでわかりますが、一般の方が初期の段階で判別することは難しいでしょう。

リン
なるほど。初期の段階だと口内炎だと思うこともあり得るということなのですね……。では、異変を感じた際にどのくらい経過をみればいいのでしょうか?

藤川先生
普通の口内炎であれば、どんなに長くても2週間くらいで治ると思います。痛みが3日間くらいあって、痛みはなくなったけど、ただれているという状態が続きますが、トータルで長めに見積もっても2週間くらいで治るのが一般的だと言えます。

リン
では2週間以上治らず、ずっと痛みが続くようであれば口腔がんを疑うべきなのでしょうか?

藤川先生
口腔がんだけではなく、他の病気も含めて、「ただの口内炎ではない」と認識していただくといいと思います。そういう場合は自分だけで判断せずに一度、歯科医院で診てもらうことをおすすめします。

リン
実際に口腔がんになった場合、どんな症状が現れるのでしょうか?

藤川先生
口腔がんの症状自体、実はさまざまなパターンがあります。薄皮が1枚剥がれたようなタイプや、いわゆる潰瘍で掘れるタイプも。他にはおできのように膨れ上がるタイプやブツブツとした形になるタイプなど……さまざまなタイプがあるので、一概にこういう形になるとは言えないですね。ただ、掘れていくタイプの潰瘍型が一番多いように思います。口内炎のように浅く掘れて、周りが少し硬くなって、硬結(こうけつ)が触れる状態になると、がんの疑いが強くなります。

リン
そんなに多くのパターンがあるのですね。一番多い潰瘍型の場合、大きさはどのくらいになるのでしょうか?

藤川先生
先ほどお伝えした通り、ある程度大きくならないと口内炎との区別はつきません。ただ、ステージ1、いわゆる初期の段階でも、首のリンパ節への転移がなければ大きさ2cmまでとされています。

リン
え、ステージ1で2cmですか!?2cmの口内炎となるとかなり大きいですよね?

藤川先生
そうなんです。なので、そのくらいの大きさになれば、「がんじゃないの?」と気づけると思います。ステージ1の段階でも診る人が診れば異変に気づくと思うので、そこから判断や治療を先延ばししてしまうことが問題だと考えています。ステージ1だと生存率は95%なので。ただ、ステージ1よりも手前のすごく小さい初期の段階で、上皮内がんなどの段階の場合は、診ただけでは判断できないですね。

リン
非常に勉強になります。では「気づいたらかなり進行していた」というケースはあまりないのでしょうか?

藤川先生
レアなケースだと思いますよ。もちろん患者さんのそれぞれの状況にはよりますし、個人差もあります。ただ、堀ちえみさんのようにステージ4は相当です。大きさだけでもわかりますし、すぐ血が出るとか、ただの口内炎にしてはやたら汚らしい感じもするので、ビジュアルに訴えかけてくるものがまったく異なると思います。

リン
やはり口腔がんになると、見た目も結構グロテスクな感じになるのですね……。それは非常に怖いですね。

藤川先生
そうですね。なので、患者さんも診る側も判断を先延ばししてしまってはダメなのです。診る人が診ればきちんと判断できますし、しっかりと検査をすればすぐわかることだと思います。早期発見が何よりも重要になります。

リン
ちなみに堀ちえみさんの一連の報道については、歯科の先生方の間でも話題になりましたか?

藤川先生
そうですね。僕の周りはやはり口腔外科専門医が多いので、話は出ましたよ。我々としても改めて早期発見への意識が高まりましたね。

口腔がんになる原因や罹りやすい人の特徴とは?

口腔がんについて

リン
早期発見が重要な口腔がんですが、罹患する原因についても教えてください。また、なりやすい人の特徴についてもお聞きしたいです。

藤川先生
まず、原因として挙げられるのが飲酒・喫煙ですね。タバコは間違いなく良くないと言えます。後は、歯の健康に問題点がある人も気をつけるべきでしょう。虫歯もそうですし、歯がなくなった箇所をそのまま放置しておくことも口腔がんのリスクを高めることにつながります。歯がない箇所があると、舌の当たり方も当然変わりますし、虫歯で欠けてしまって歯が尖っていたら、それも舌を傷つけて発がんのリスクになりますね。

リン
なるほど。では口腔内の衛生面をしっかり整え、日々のケアを徹底することが大事ということでしょうか?

藤川先生
そうですね。口の中の状態に興味がない人は、割と悪い状況を放置しがちだと思います。なので、そういう意味ではお口のケアを怠り、汚れた状態でいる人は口腔がんになりやすい傾向にあるかもしれませんね。後は、ウイルスが関係しているという説もあります。これは自分でコントロールすることは難しいですよね。

リン
そうなのですね。口腔内は年齢とともにだんだん悪化しやすくなるとよく聞きますが、それに伴って口腔がんも年齢を重ねていくにつれて罹患しやすくなるのでしょうか?

藤川先生
年齢的には40代以降が急に多くなるとは言われています。それはやはり歯が抜けたり、口の中のトラブルが多くなってきたりする年代とリンクしていると思います。しかし、20代の患者さんもたくさん診てきたので、一概に言えることではありません。歯並びもキレイでお口の中も清潔に保っていたとしても、罹患する人はいるので、その点は注意が必要です。お口の中が健康で清潔であることにこしたことがありませんが、だからといって口腔がんに絶対に罹らないとは言えません。

リン
ちなみに小児で口腔がんになることはあるのでしょうか?

藤川先生
いるとは思いますけど、正確な数はわからないですね。肉腫などはあらゆる年代で発症するので注意が必要だと思います。

リン
なるほど。では今話題になっている舌がんは、割とご年配の方の方が多い病気なのでしょうか?

藤川先生
そうですね。そういうケースが多いと思います。

次ページ早期治療のために知っておくべき口腔がんの恐ろしい末路

関連記事

あわせて読みたい

レコメンド